このブログを検索

読込中...

2012年12月3日月曜日

母の訃報を海外で受ける

11月半ば、母が急死した。

夕食の支度を終えたところに、パートナーが父からの国際電話を受けた。
一度も電話がかかってきたことがないので「珍しいことがあるものだ」と思っていると、

「大変なことになった」
「え? どうしたん?なに?」

「お母さんが倒れた」

動揺したものの、てっきり病院に運び込まれたのだと考え
「いま、お母さんはどこ?どんな状態?」と尋ねた。

「いや、それが・・・・。いつ帰ってくる?」

「それよりも、どんな状態なん? どうなってるの?」

父親の説明はちっとも要領を得ない。
相当、緊迫していて意識不明で、最悪、危篤なのかもしれないと思いを巡らせる。
と・・・

「それがやなぁ、あかんかった」

「はぁ?」

「間に合わへんかった」

「え?」 

「・・・・亡くなった」

「・・・・・・・」

「葬式の手配があるので、いつの便で戻れるか至急知らせてほしい」

訃報を受けた日、オランダの家は引越しの真っ最中で、新居に家族総出でフローリングの床をはっているような状況だった。古い家は引越し用の梱包段ボールで混乱している。本当は、この夏に自動車免許の更新で帰国する必要があったのだが、ビザ更新、オランダ語検定試験、引越しで、どうしても日本に戻ることができなかった。

家は解約をしてしまっているので、11月末までに、あけわたさなければならない。あわてて、とりあえずの貴重品や書籍類をパッキングする。そんな状態なので、パートナーもオランダに残らなければならない。

「引越しがなければ僕も一緒に行ってあげれるのに・・・」

報せを受けてから1昼夜半、ご飯を食べるのも忘れ、寝ることもできず、黙々とフライト手配、パッキング作業と銀行、関係先への通知などの手続きをして時が過ぎた。

ひとりで飛行機に飛び乗り、お通夜の数時間前になんとか間に合ったものの、睡眠も取れていなかったし、何がなんだかわからないままであり、ところどころ記憶がとんでいる。

機中では、奇跡がおこることをひたすら祈り続けた。
でも、私が戻ったら目を覚ましてくれるのではないかという願いはかなわなかった。

今、母の生活がそのまま止まった状態をたった一人で片付けている。やってもやってもキリがない。弟夫婦はいるが、仕事に子育てに忙しいという。

父も高齢で要介護ギリギリである。その父も昨年、薬害で危ない状態だった。父も母も一人っ子で親戚がほとんどいないので、相談したり手伝ってもらえる人は誰もいない。

昨夏、オランダに戻る前に、母方の祖父母の家屋の解体を手伝い、古いアルバムなどが大量にでてきたので、いちど家族会議をしようと何度も提案したのだけど、それもかなわなかった。

片付けものをしながら「これは、わからないから、あとでお母さんに聞こう」と何度も思ってしまい、現実にひきもどされるありさまだ。

バカみたいだけど、母は旅行中か何かで、今ここにいないだけ・・・

頭ではわかっているけど、心が現実を直視できない。法要にきてくださる和尚さんが、心の準備がないまま親族の死に直面すると、どうしても喪の期間が長くなってしまうだろうとおっしゃっていた。

今のところオランダに帰れる目処は皆目みえずである。

クリック→にほんブログ村 海外生活ブログへ 

2012年11月9日金曜日

@ アットマーク をオランダ語で何と言う?

@マークをオランダ語の俗称でなんというでしょうか?
 
apestaartje   または apenstaartje という。アペスターチェ

意味は 猿の尻尾  (クリックするとイメージ画像にとぶ)
尻尾がピョーンとのびている感じにみえるのね。

ミッフィー博物館
オランダ語ではナインチェ
おもしろいのが各国のいいまわし。
日本語では 「なると」だそう。 そういうかなー? 聞いたことないなー
オランダ語のアペスターチェは メールを使う人ならまあ知ってるはず。

参考)ウィキ単価

以下は雑学としてどうぞ。
知らずに使ってる?@(アットマーク)の本当の意味。
  • アットマークの起源
  • 現在使われているアットマークの意味とは
  • アットマークの様々な用法
便利なオランダ語雑学
「雑学大好き!」バナークリックしてもらえれば、投票1票。励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 

2012年11月8日木曜日

大学でたら語学ってできるんですか?

さて、いよいよどんな授業がおこなわれていたのかベールがあかされる、ジャジャーン!まずは初めの1ヵ月目から2ヶ月目くらいの授業。

****************************
生徒の半分以上は初めてオランダ語に接するレベル。生徒の多くが大学で勉強中の人々・・・ということで先生は気をきかしたつもりか、ある週の授業はこんな感じだった。

二等辺三角形、正三角形、ひし形、五角形、台形、ルート記号、三角関数、回帰分析、クロス分析、母集団、分母、y軸、・・・・

数学、幾何学、統計の用語を これでもかと 列挙しだした。

その上、分数、コンマが混じったり、6桁、7桁の桁数の計算問題までも・・・・・・・・

パニクッタ。日本語でもわからーん!

皆、けなげに必死でついていこうとして、メモしたり、あーでもない、こーでもないと計算していたんだけど、誰もが頭がこんがりだして、顔が苦痛でゆがんでいる。

ブラウンカフェ

先生はしらっと、
「あら? あなたたちは 博士課程、修士課程の学生だったり、研究者だから、こんなの簡単でしょ。必須でしょ」と言う。

みーんな、黙って、狐につままれたような面持ちで顔をみあわしていたのを覚えている。

あれは何? サービス? からかわれていたの? 時間つぶし?

この先生、その後も何度か、単語や文法を知らずにオロオロしてチンプンカンプンの生徒たちに「あなたたちは 大学でてるんでしょ」と言ってたけど、どういつつもりだったのだろう。いまだに謎である。

繰り返します。ほとんどが 挨拶も怪しいレベルの語学初心者、数なんて100まで数えるのがやっとってとこだったんです。

「何を教えとるのや」バナークリックしてもらえれば、投票1票。励みになります。
にほんブログ村 海外生活ブログへにほんブログ村 

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...